columnお役立ちコラム

一軒家のフルリフォームの費用はどれくらいかかる?

壁紙や天井、床材に汚れが目立ち始め、水回りをはじめとした設備や機器にも傷みを感じるようになると、そろそろリフォームが必要かなと感じます。
部分的な補修ではなく全面的な補修をおこない気分も一新したい場合には、フルリフォームを考えることでしょう。
フルリフォームとなれば費用が気になるところです。
今回はフルリフォームの費用目安について解説しますので、参考にしてください。

フルリフォームを行うのはどのようなときか

日本の場合、築20~30年頃に建物の躯体の状況確認も含め、フルリフォームを行う人が多いようです。
一般的にリフォームを行うタイミングはいくつかあります。
住宅が建築されてから10~15年ほどで水回りの設備に不具合が出始め、その頃には屋根や壁などのメンテナンスも必要になります。
さらに20年前後で配管の老朽化などが起こり、比較的規模の大きな改修工事が必要となるでしょう。
その後10年(築30~35年)ほどで、日本の一般的な住宅は建て替えも視野に入れた補修が必要となってきます。
この頃には一軒家の場合資産価値がなくなります。
つまり、築20~30年というのは、もともと設備の老朽化が出てくる頃。
こまごまとしたリフォームを行うよりは、フルリフォームで内装や設備を一新しようと考える人が増える時期です。

このような築年数によるタイミングの他に、家族構成の変化や住み替えのタイミングでフルリフォームを行う人も多くいます。
「子どもが生まれ家族が増えた」「子どもが独立し家に住む人が減った」「介護が必要になり改修が必要になった」といったタイミングもあります。
また、フルリフォームはせずに、別の中古住宅を購入し、自分たちが暮らしやすいようにフルリフォームを行うこともあります。

フルリフォームと建て替えの違い

建物の老朽化が気になる場合には、フルリフォームではなく建て替えでもよいのではと考えるかもしれません。
ですがフルリフォームと建て替えでは費用面で大きな違いがあります。
フルリフォームは、場合によっては間取り変更も行える工事ですが、建物の構造体を残した状態で行うため、解体費用や廃棄物の排出量が圧倒的に減ります。
このため、工事全体にかかる費用が少なくて済みます。
基礎や構造体はそのままの状態で行うため、工期も短くなります。
一時的に仮住まいが必要な場合でも、建て替えに比べ仮住まいで暮らす期間が少ないため、仮住まいに必要な家賃も少なくて済むのです。

一軒家のフルリフォームは内装だけなら500万円程

一軒家のフルリフォームの中でも、外壁や屋根などに不具合がない場合は、内装だけのフルリフォームで済ませることが多くなります。
内装だけの場合は使用する部材にもよりますが、200~500万円程度の費用が多くなります。
内装のフルリフォームに含まれるものとしては、壁紙や床材、天井の張り替え、水回りの入れ替え工事などです。
間取りの変更などは含まないため、廃棄物も少なく工期も短くなります。
多少不自由でも、家で暮らしながらのフルリフォームも可能なので、仮住まいのための家賃も不要なケースが多くなります。

間取り変更も含めた一軒家のフルリフォームは1000万円程度

キッチンとリビング、ダイニングが別々になっていたものを、一つのLDKにまとめる工事や、間仕切りを取り払い広い空間を生み出すといった工事は間取り変更工事となります。
このような間取り変更も含めた一軒家のフルリフォームは1000万円程度かかるのが一般的です。
建物の内部で取り除けるものを全て取り除いて行うようなインナースケルトンリフォームと呼ばれる状態にしたのち、間取りを作り替えるようなリノベーションに近い工事を行う場合は、1カ月ほどの期間がかかります。
この間は仮住まいで暮らす必要が出てきます。
リフォーム費用以外に、引っ越しや仮住まいの家賃なども必要です。

外壁も含めた一軒家のフルリフォームは1500万円以上

外壁や屋根にも傷みがある場合は、外壁を含めたフルリフォームが必要になってきます。
かなり大規模なリフォームとなるため、1500万円以上は見ておくと安心です。
2階建て以上の戸建て住宅の場合、外壁のリフォームを行う場合は足場を設置する必要があります。
足場設置だけで15~20万円ほどかかるため、外壁のリフォームを行うときには屋根の塗装や葺き替えを同時に行うことがおすすめです。
外壁を取り除くような規模となれば工事期間も長くなります。
おおむね2カ月は必要と考えておくとよいでしょう。

平屋のフルリフォームでは足場の設置が不要になるケースも

一軒家といっても2階建てや3階建ての住宅だけではなく平屋の住宅もあります。
平屋の場合は、外回りの工事を行う際に足場の設置が不要になるケースがあります。
また足場の設置が必要な場合でも、足場の高さが低いため、設置費用は安くなります。
このため、同じ床面積の住宅でも、2階建て以上の一軒家に比べ、平屋のフルリフォームは安くなる傾向があります。

まとめ

フルリフォームはその規模によって費用は大きく変わります。
また、どのような部材を使用するのかによっても大きく費用が変わります。
できるだけ費用を抑えたい場合には、こだわりたい部分以外はできるだけ費用負担が少ない部材や設備を選ぶようにするとよいでしょう。
また不要なリフォームは行わないこともおすすめです。
例えば屋根や外壁は補修や塗り直しだけでも十分な状態なのに、壁を取り除く工事や屋根の葺き替えを行うことを避ければ、それだけコストは下がります。
工期にも目を向け、できるだけ短期間で工事が済む手法でのリフォームを検討することで、費用が抑えられるケースもあります。
とくに仮住まいが必要になる工事の場合は、工期の短縮は費用負担を大きく抑えるためのポイントです。
フルリフォームの費用をできるだけ抑えたい方は、細かな部分ですがしっかりとチェックしてみましょう。

#contact見学・お問い合わせ

pagetop