実例特集「築40年の木造住宅に住む。」

​住みたい街に中古の物件を探しましょう。

一般的に、中古住宅は新築住宅に比べて土地が広く、間取りもゆったりしています。

新築購入費と同じ金額を払うと考えれば、基礎や躯体の金額が抑えられる中古リノベーションの方が

理想の住まいを実現できるということです。

空き家が増えて問題になっている時代、わざわざ今あるものを取り壊して

小さな建物をたくさん建てるのは・・・

耐震性や断熱性能が不安ですか?雨漏りしないか不安ですか?

お答えしましょう!

まず、購入前にきちんと物件を調査する必要があります。

雨漏り等の欠陥は、きちんと修繕しなければなりません。

古い建物の場合、全く問題が無いことの方が少ないかもしれませんが、

なるべく修繕にかかる費用は抑えたいところ。

購入前にきちんと調査をすれば、リスクが軽減できます。

次に、リノベーションの基本は内装スケルトンです。

​中古住宅を購入したら、内装はすべて取り壊します。

部分リフォームでは、建物の躯体(骨組み)や壁の中の状態を確認できないからです。

配管の状況や断熱など、壊さないと分からない部分を隅々まで確認します。

​築40年の木造住宅、内装スケルトンまでの工程をご覧ください。

内装が解体されて躯体(骨組み)が見えたら、

シロアリの被害が無いか、筋違い(耐力壁)の配置が適正か等、細かく調査します。

一方で、柱や梁の位置が分かりますので、ここで新しい間取りを決定します。

新しい間取りで新たに構造計算をして、補強箇所を決めます。

間取りが決定して仕様や予算が確定したら、

いよいよ工事再開です!

内装が完成し、氏神様に入居家祓いをしていただいて、無事お引越し。

中古住宅のリノベーションでは、構造上の制約やローンの扱いなどが

新築に比べて少し複雑な為、敬遠されがちですが、上手くやれば

相場よりお得にデザイン住宅に住むことが出来るのです。

今回ご紹介した物件はモダンデザインのリノベーションでしたが、

古家の雰囲気を残したリノベーションでは、

新築ではつくれない心地よい空間をつくることができます。

Sakae Design Officeでは、物件探しから一緒にやります。

デザインリノベーションにご興味がわきましたら、一度ご相談ください。

築40年のリノベーション住宅を見学できます!

中古住宅購入をご検討の方、ご自宅のリノベーションをご検討の方は

是非一度見学にいらしてください。

条件に合う物件は、いつ売りに出るかわかりません。

運命の出会いを逃さないためにも、お金のことや契約のことを

予めご準備されることをお勧めします。

デザイン + リフォーム・リノベーション / Sakae Design Office / 神奈川県川崎市宮前区高津区横浜市青葉区港北区都筑区