columnお役立ちコラム

リフォームか新築か?それぞれのメリット・デメリット紹介!

耐震性や住宅設備の古さから「古い家をリフォームするか、いっそ新築で建て直すか」で悩む方はたくさんいます。
どちらを選ぶ場合でも後悔しない選択をするには、リフォームと新築それぞれの特徴を押さえておく必要があります。
そこで、リフォームか新築か決めるときに役立つ知識をまとめました。

リフォームか新築か?それぞれのメリット・デメリット紹介!

リフォームと新築の違い

リフォームと新築を選ぶ前に、両方の意味を確認しておきましょう。

リフォームとは

リフォームにはいろいろな方法がありますが、基本的な意味は「既存の基礎部分を残した状態で、部分的に改築・修繕・増築を行い新築に近い状態を作ること」を指します。
屋根や外壁などの見た目を改善するリフォームから水回りなどの設備を改善するリフォームまで、さまざまな選択肢があります。
最近人気を集めているリノベーションも、リフォームの一部です。

新築(建て替え)とは

新築は「家を一から建てること」を指し、建て替えは「既存の住宅を基礎部分から取り壊した後に住宅を建てること」を指します。
どちらも新しい家を建てるため、同じように思えますが、建て替えの場合は注意が必要です。

建築基準法には建て替えの際の制約がたくさんあるため、この制約をクリアしなくてはいけません。
建て替えを検討する場合は住宅が「再建築不可物件」であるかの確認を必ず行いましょう。

リフォームと新築のメリット・デメリット

リフォームと新築(建て替え)の意味を押さえたら、それぞれのメリット・デメリットも学んでいきましょう。
住宅とそこに住む家族との相性は、このメリット・デメリットで決まります。
しっかり覚えておきましょう。

リフォームのメリット

リフォームのメリット
  • コストが新築よりも低い
  • 工期が短いことが多い
  • 必要部分のみの改修が可能
  • 税金の軽減ができる
  • レトロやモダンなデザインの家に住める


リフォームは新築に比べて費用や工期を安く・早く済ませられる場合が多いです。
住宅の一部を改修するため、現在の住宅で気に入っているデザインや設備をそのままにした状態で住宅の機能を向上できます。
また、確定申告をすれば不動産取得税や固定資産税などの一部税金を軽減できます。

古い住宅のデザインが気に入っている方の中には、古い家をリフォームして住んでいる方もたくさんいます。
古い家が持つレトロ感やモダンな独特な雰囲気を味わえるのも、リフォームならではのメリットです。

リフォームのデメリット

良い点がたくさんあるリフォームですが、デメリットもあります。

リフォームのデメリット
  • 劣化が激しい場合補修費用の金額が大きくなる
  • 住宅機能に不安が出る場合がある
  • こだわると追加費用が発生する場合がある
  • 建て替えに比べると自由度が低い


リフォームする住宅の劣化が激しい場合、リフォームの前に劣化を修復する施工を行わなくてはなりません。
また、リフォーム中に耐震構造や防火対策に不安があると、そちらを先に修復した方が良い場合もあります。
このような場合、補修費用の金額が大きくなるため、思ったよりもリフォーム費用が掛かってしまう可能性があります。

リフォームは新築や建て替えよりも費用が掛からない傾向にありますが、リフォーム内容次第では費用が大きくなる場合もあることを覚えておきましょう。
また、既存の住宅に手を加えるため、間取りなどの自由度は新築や建て替えには劣ります。

新築・建て替えのメリット

次に、新築と建て替えのメリットです。

新築・建て替えのメリット
  • 間取りや設備の自由度が高い
  • 最新基準の構造で住宅を建てられる
  • 住宅ローンが通りやすい


新しく家を一から建てるため、間取り・設備・外観の自由度が高いです。
耐震設備や防火設備も、最新基準で建てられるため、中古住宅よりも安全性の高い住宅が建てられます。
また、リフォームに比べると新築や建て替えの方が、住宅ローンが通りやすいのもメリットのひとつです。

新築・建て替えのデメリット

新築・建て替えのデメリット
  • コストが高い
  • 工期が長くなる
  • 税金が掛かる
  • 土地を変えて新築する場合は周囲の環境が分かりにくい
  • 建て替えの場合は法律による制限で不可能な場合がある


一から住宅を建てるため、費用も工期も大きく掛かります。
また、家を建てる場合は新築でも建て替えでも、不動産取得税や固定資産税などの税金が発生します。
住宅を建てる費用だけでなく、税金の支払いをするためのお金を用意しなくてはいけないのは、頭の痛いデメリットです。

土地も新しくする場合は、家を建てる予定の土地の周辺環境を調べておかないと、思わぬトラブルに遭遇する可能性があります。
建て替えの場合でも、最初に解説したように法律による制限で建て替えができない場合もあるなどのデメリットがあります。

リフォームか新築かを選ぶ基準

リフォーム・新築・建て替えそれぞれにメリット・デメリットがあります。
これを理解しておくと、自然とどちらが自分達に適しているかが分かるようになります。
メリット・デメリットを理解した上でリフォームか新築かを選ぶ基準を解説します。

リフォームが向いている方

新築や建て替えよりもリフォームが向いている方は、以下の条件に当てはまる方です。

リフォームが向いている方の条件
  • リフォーム費用が新築取得費用の70%以下の予算で済む
  • 住みたい土地に建てられない
  • 工期をできるだけ短くしたい
  • 今の住宅に気に入っている所がある


リフォームに掛かる費用と、新築を手に入れるのに掛かる費用を比べたときに、リフォーム費用が新築取得費用の70%以下で済む場合は、リフォームの方がお得に家を得られます。
また、住みたい土地に家を建てられない場合であっても、中古住宅をリフォームする選択肢を入れると、良い物件を見つけられる場合があります。

もちろん、現在住んでいる住宅に気に入っている部分がある場合も、リフォームはおすすめです。

新築・建て替えが向いている方

新築・建て替えが向いている方
  • 間取りや設備に不安や不満がある
  • しっかりした構造の中古住宅がない
  • 新築や建て替えができる予算や条件を満たしている


現在の住宅に間取りや設備に関する不安や不満があるなら、新築や建て替えを検討した方が満足いく住宅を得られます。
中古住宅のリフォームを検討した際に、しっかりした作りの住宅を見つけられない場合も、思い切って新築や建て替えを検討する方がおすすめです。
このほか、予算が新築や建て替えを購入できるくらい余裕がある場合や、土地の条件が建て替えに適している場合も、新築や建て替えの方が良い場合が多いです。

まとめ

リフォームと新築にはそれぞれ特徴・メリット・デメリットがあります。
満足のいく住宅を手に入れるには、この違いを正しく理解しておくことが重要です。

基礎的な知識を得てもリフォームか新築かをお悩みの方は、「サカエデザインオフィス」へご相談ください。
住宅に関する知識と経験豊富なスタッフが、お客様の悩みに前向きに対応します。

新築かリフォームかのお悩みからローンの相談まで、不安な点があればお気軽にご相談ください。
「サカエデザインオフィス」では、リフォームか新築かのお悩みも受け付けています。
お気軽にご相談ください。

→サカエデザインのリフォームについてはこちら

 

#contact見学・お問い合わせ

pagetop