columnお役立ちコラム

二世帯住宅を建てるなら!知っておきたいメリット・デメリット

親世帯と子世帯が同じ屋根の下に暮らす、二世帯住宅。
親御さんの年齢やお子さんの節目などで二世帯同居をお考えになる方もいらっしゃるかと思います。
家族の形が色々あるように、二世帯住宅にも様々な形があります。
今回は二世帯住宅にはどのようなものがあるのかをご紹介しながら、そのメリット・デメリットをお伝えします。

二世帯住宅の種類

二世帯住宅にはどのような種類があるのでしょうか。
まずは代表的な形を3つご紹介します。

1.同居型

まずは、二世帯が1つの住居で完全に同居するパターンです。
寝室以外は、玄関、お風呂やトイレ、キッチンといった水回りも含めて全てが共用となります。
親世帯の住まいに子世帯が入るといった場合にこの形になるケースが多いです。
新築するにしても設備が1つで済むので費用がかなり抑えられますが、
プライバシーの問題や生活リズムの違いによる不満などが出る事も多くあるかもしれません。

2.一部共用型

玄関とお風呂は共用、キッチンとトイレは別…など、設備の一部を共用するパターンです。
共用する設備がある分費用もある程度抑えられ一定のプライバシーも保てる方法ですが、
お互いに生活のリズムを完全に把握できないため、
共用する部分の使用方法や使用時間などがお互いに食い違うことで不満が出る場合があるかもしれません。

3.完全分離型

建物としては1戸ですが、1階と2階などで完全に分かれているパターンです。
設備が全て2つであることから費用もかかり、工期も長くなります。
ただし、最もプライバシーが保たれ、それぞれが気を遣わずに生活できる良さがあります。

 

二世帯同居のメリット

それぞれのパターンでそれぞれのデメリットも挙げましたが、
二世帯同居ではお互いに助け合うことができ、メリットもたくさんあります。
例えば、子どもの帰宅時間に親が間に合わなくても親世帯がしばらく見ていてくれたり、
毎日の生活の中でお互いに助かることや安心することも多くあります。
また、生活を一部共用する場合は、水道代やガス代などの負担が軽くなるといった、コスト面での良さも。

 

建てる前に気を付けたいこと

上記のようにメリットも多い二世帯同居ですが、
それでもやはり二世帯住宅を建てる前に気を付けたい点があります。

■お互いに同居したいと思っているのか

これは同居を決める前にしっかり確認してほしい基本の事柄です。
誰かひとりでも同居を拒む方がいれば、無理やりに話を進めることは避けた方がいいでしょう。
同居してからでは遅いこともあります。

■共用部分についてのすり合わせ

特に家事を担う方には既にそれぞれのやり方があります。
どうしても譲れない部分を共用にしてしまうと、お互いのやり方やこだわりがトラブルやストレスのもとになることが多くあります。
住んでしまえば大丈夫、ではなく、建てる前にお互いが納得できる答えを探してみてください。
設備はあとから増設も可能な場合が多いですが、それなりのコストもかかります。
ストレスを抱えて生活する時間はとてもつらいものです。

■騒音や生活音について

特に小さなお子さんのいる家庭では、走り回る音や大きな声、ある程度の生活音が出てしまうのは仕方ないことです。
ただ、間取りを考え、床や設備をしっかり選ぶことで騒音が抑えられる場合があります。
ぜひ相談できる、話ができる建築会社に住まいづくりをお願いしてください。

 

 

オススメの方法は、リフォーム・リノベーション。

二世帯住宅を考え始めたときに、気になるのはやはり費用です。
コストダウンのために色々な方法がありますが、その中でもオススメしたいのが、
リフォーム・リノベーションという方法です。

中古の戸建を二世帯仕様にリフォームの場合、設備や内装のみのリフォームや玄関の増設など、
必要に応じて様々な選択肢がありますし、設備のみ内装のみのリフォームであれば、費用も数万円からと非常にリーズナブルです。
また、リフォームよりコストがかかりますが、戸建をスケルトンリフォーム(リノベーション)する方法もあります。
リノベーションは内装スケルトンの状態から始めるので、間取りから変えることが可能で、家族それぞれの希望が通りやすくなります。
新築よりコストがかからず、間取りから決めることができるリノベーション。
二世帯住宅をお考えの方にぜひ知ってほしい方法です。

 

最後に

もしも二世帯同居での共用トラブルが起こってしまった場合にも、
リフォームやリノベーションで解決できることをお伝えさせてください。

間取りの変更、設備の増設、増築で部屋数を増やすなど、
サカエデザインでは、二世帯住宅の新築はもちろん、リフォームやリノベーションでも様々なご提案が可能です。

それぞれのベストな住まいのために、オリジナルの住まいづくりを一緒に考えていきましょう。
サカエデザインの住まいづくりで、ぜひ家族が笑顔になる二世帯住居を手に入れてください。

お問合せはこちら

 

【お見積りやお問合せはこちらのサイトからも随時承っております】




 

 

#contact見学・お問い合わせ

pagetop