columnお役立ちコラム

パントリーとは?キッチン収納の心強い味方を徹底解説

開放型キッチンにリフォームしたいけど、収納の少なさが気になる方は多いのではないでしょうか?
そんな方に提案したいのが「パントリー」です。
パントリーはキッチン収納のひとつで、キッチンの収納機能を向上できます。

ここでは、パントリーの「メリット・デメリット」「費用相場」「設置時の注意点」について、詳しくご紹介します。

パントリーとは?

パントリーとは、キッチンやその近くに作られる収納スペースのことです。
食糧庫とも呼ばれるスペースで、缶詰や乾物などの常温で管理できる食材を管理するために使われます。
保存食置き場として機能するため、災害時の非常食を管理する場所としても活用できるスペースです。

パントリーの種類

パントリーには3つの種類があります。

パントリーの種類

  • ウォークイン型
  • ウォークスルー型
  • 壁面収納型

「ウォークイン型」と「ウォークスルー型」は、パントリーに扉が付いているタイプです。
ウォークイン型は出入り口が1つ、ウォークスルー型は出入り口が2つあります。
「壁面収納型」は文字通り壁に収納を設置する形のパントリーで、3つの中で一番よくみられるタイプです。

パントリーのメリットとデメリット

パントリーにはメリットとデメリットがあります。
活用しやすいパントリーを設置するには、メリットとデメリットをよく理解しなくてはいけません。
パントリーの設置を検討しているなら、メリットとデメリットの内容をよく押さえておきましょう。

パントリーの3つのメリット

パントリーには3つのメリットがあります。

パントリーのメリット

  • 収納スペースが増える
  • 食品の整理整頓がしやすい
  • キッチン家電や調理器具も置ける

パントリーが持つ最大のメリットが、キッチンの収納スペースを大幅に増やせることです。
大量の食品をキッチンで管理できるようになるため、まとめ買いした食品や非常食のストックも管理しやすくなります。

パントリーに食品を入れておけば、食品がどれだけあるかを一目で分かるようになるためキッチンの整理整頓も簡単です。
食品だけでなくキッチン家電や調理器具も置けますから、料理の幅や選択肢を広げる手助けにもなります。

パントリーの2つのデメリット

キッチンをスッキリさせるメリットがたくさんあるパントリーですが、デメリットもあります。

パントリーのデメリット

  • 活用できないとデッドスペースになる
  • 設置に費用が必要

キッチンから離れた場所や、動線上邪魔な所にパントリーを設けてしまうと、パントリーを活用できなくなります。

パントリーはある程度広さが必要な設備ですから、そのままデッドスペース化すると家の過ごしにくさにもつながります。
これは頭の痛いデメリットです。

また、当然ですがパントリーの設置費用もかかります。
リフォームにあまりお金をかけたくない場合は、パントリーを設置するかどうかをよく検討する必要があります。

パントリーの設置費用目安

パントリーはタイプにより設置費用が変わります。
ウォークインタイプやウォークスルー型の場合、広さや設備にもよりますが10~50万円程度が目安です。
壁面収納型の場合、空いているスペースに棚を付ける形なら5万円程度からできますが、設備次第で20万以上かかる場合もあります。
扉やコンセントなどを取り付ける場合は、どれ位費用が必要か確認しておきましょう。

パントリーを設置するときの注意点

パントリーのデメリットは、設置時の注意点を守ればある程度緩和できます。
パントリーを設置するときの注意点を押さえておきましょう。

 パントリーの間取りとスペースに注意

パントリーの使い勝手は間取りとスペースで決まります。
パントリーの間取りですが、できるだけキッチンの近くに設置しましょう。
調理や食品の整理中に、キッチンとパントリーを何度も行き来するのは手間がかかります。
この手間を省くためにも、パントリーはできるだけキッチンの近くに設置してください。

パントリーは食品をしまっておくスペースも重要です。
ウォークイン型とウォークスルー型の場合、1~2畳ほどの広さが目安となります。
内部に通路を作る場合は、60cmほどの幅を確保しましょう。
壁面収納タイプや、パントリー内の棚の奥行きは30~45cm程度が適切な大きさです。
奥行が浅いとものをしまえませんが、深すぎても奥のものが取り出しにくくなります。
パントリーのスペースは棚の奥行までこだわりましょう。

パントリー内の湿気対策と管理も忘れずに

パントリーの中は湿気がこもりやすいです。

特に扉が付いているウォークイン型は、湿気のある食べ物を管理していると湿気がこもってほかの食べ物にも影響を与えます。
パントリー内の湿気対策を忘れないようにしましょう。

ウォークイン型やウォークスルー型の場合は、中に小窓や換気扇を付けると湿気対策が簡単です。
壁面収納タイプの場合は、吸湿剤の活用やこまめな入れ替えを行いましょう。

まとめ

パントリーは注意点を押さえた上で設置すれば、キッチンの性能を大幅に向上させる設備です。
キッチンでの過ごしやすさを向上させるだけでなく、食料品の管理や購入などに新たな選択肢を生み出します。
パントリーの設置にご興味を持たれた方は「サカエデザインオフィス」までご相談ください。

 

→リフォームはサカエデザインにお任せください

#contact見学・お問い合わせ

pagetop