columnお役立ちコラム

シューズクローゼットとは?広さの目安や費用相場を解説!

玄関の整理整頓を簡単にしてくれる「シューズクローゼット」。シューズクローゼットはうまく活用できれば家の機能を向上できる心強い味方ですが、活かし方を知らないとデッドスペース化する収納でもあります。シューズクローゼットの機能を最大限に活かすには、種類や仕組みを知らなくてはいけません。
そこで、シューズクローゼットの「広さの目安」「費用相場」「設置の際の注意点」に関する知識をまとめました。

シューズクローゼットとは

シューズクローゼットとは、玄関の横に作られる収納スペースのことです。
靴をはいたまま出入りできるようになっていて、間取り図では「SC(シューズクローク)」または「SIC(シューズインクローゼット)」と表示されます。

シューズボックスとの違い

シューズボックスはいわゆる「下駄箱」です。
玄関脇に靴を入れる収納として設置されているため、違いがいまいち想像できないという方も多いでしょう。
シューズクローゼットとシューズボックスの違いは「収納量」です。
シューズクローゼットは押入れやクローゼットのような収納スペースで、シューズボックスはタンスやキャビネットのような収納スペースのような感覚でとらえておきましょう。

シューズクローゼットの2つのタイプ

シューズクローゼットには2つのタイプがあります。

タイプ名  タイプの特徴
ウォークインタイプ シューズクローゼットに扉が付いているタイプで、玄関横に設置されます。
収納量が多く、来客を通すときに中の荷物を見せずにすむメリットがあります。
ウォークスルータイプ 玄関から家の中に続く動線上にクローゼットを作るタイプです。
玄関を通る時に、クローゼットの中をくぐって中に入ります。
動線上に収納スペースがあるため、整理整頓がスムーズにできるのが特長です。

玄関で確保できる収納スペースや、シューズクローゼットに求める機能によって、適切なタイプは変わります。

シューズクローゼットを設置する際にどちらのタイプにするべきか迷った場合は、求める機能を明確にしたうえで業者に相談しましょう。

内棚の4つのタイプ

シューズクローゼットは、クローゼット内の収納にも違いがあり、4つのタイプがあります。

内棚の形状によって名称が違い、一部は設置できるタイプに制限があるため注意が必要です。

タイプの名前 レイアウト 対応可能なクローゼットのタイプ
I型 クローゼットの片側だけに棚を設置するタイプ。 ウォークイン・ウォークスルー両方対応可能
II型 クローゼットの両側に棚を設置するタイプ ウォークイン・ウォークスルー両方対応可能
L型 正面と隣接する壁の片側に棚を設置するタイプ ウォークイン・ウォークスルー両方対応可能
U型 正面と隣接する両方の壁に棚を設置するタイプ ウォークインのみ対応可能

 棚の数はそのままシューズクローゼットの収納できる容量につながります。
一番棚数が多いのが3面に内棚を付けるU型です。
しかしU型はウォークインタイプにしか対応していないため、ウォークスルータイプでシューズクローゼットを設置しようしている場合は使えません。
シューズクローゼットのタイプ同様、内棚にも相性があります。
設置の際は、シューズクローゼットに求める機能などを踏まえた上で間取りを考えましょう。

シューズクローゼットの広さの目安

シューズクローゼットは収納スペースであるため、ある程度の広さが必要です。
とはいえ、実際は玄関の近くに1畳ほどの広さがあれば、そのスペースをそのままシューズクローゼットに変更できます。

1畳ほどの広さでも、I型やII型の棚を付け、ハンガーなどの小物を活用すれば、4人家族の靴や小物位なら収納可能です。
2畳近くあれば趣味の道具や小物の収納が、3畳以上のスペースがあれば、スポーツサイクルなどの大きなものが収納できるようになります。

シューズクローゼットの広さの目安は、何を収納したいかで変化します。
シューズクローゼットを設置する際は、クローゼットの形だけでなく何をそこにしまいたいかも明確にしておきましょう。

シューズクローゼットの費用相場

次に、シューズクローゼットの費用相場についてご紹介します。
リフォームでシューズクローゼットを作る場合、シューズクローゼットを作れるスペースがあれば、その部分を区切る工事を行うのですが、このときかかる費用が大体20~40万円です。
玄関の土間にウォークインタイプのクローゼットを作る場合は、1畳で大体30~50万ほど、2畳以上のスペースだと広さにもよりますが50万以上が相場となります。

シューズクローゼットは、スペースが大きければ大きいほど必要な費用の金額も大きくなります。
こちらでご紹介した費用相場はあくまでも目安です。
実際の金額は業者に見積もりを出してもらった上で確認しましょう。

シューズクローゼットを設置する際の注意点

シューズクローゼットを上手く使いこなすには、設置時の注意点を守ることが重要です。
シューズクローゼットを設置する際は、以下の注意点を意識して設置しましょう。

匂い対策は万全に

靴や雨具などの小物はどうしても匂いが発生します。
ウォークイン・ウォークスルーどちらでも匂い対策は必要です。

ウォークインタイプの場合、中に匂いがこもらないようにする対策が、ウォークスルータイプの場合は匂いが玄関などに広がらないようにする対策が必要です。

シューズクローゼットの匂い対策
  • ウォークインタイプは設置時に換気扇や窓を取りつける
  • 靴や雨具の消臭グッズを活用する
  • 玄関・靴箱用の消臭剤を置く

対策自体は簡単なものばかりですから、欠かさないようにしましょう。

設置は整理整頓や生活動線を意識して

シューズクローゼットは機能を活かせないとデッドスペース化しやすい収納です。
ウォークインタイプの場合は物がたくさん入る分定期的な整理整頓が、ウォークスルータイプは生活導線に合った設計と収納プランがないまま使用すると、機能を使いこなせません。
シューズクローゼットを設置する際は、整理整頓のコストや生活動線を意識しましょう。

まとめ

シューズクローゼットは玄関の収納を大幅に向上できる設備です。
機能を最大限に活用するには、シューズクローゼットのタイプや収納したいものとの相性など、いろいろな要素に気を付けなくてはなりません。
設置の際は、収納したいものやシューズクローゼットに求める機能などを明確にしたうえで業者に相談しましょう。

「サカエデザイン」では、シューズクローゼットの設置をはじめとしたリフォーム相談をうけたまわっています。
住宅とそこで暮らす家族に合わせたオーダーメイドの提案を心がけ、手作りのデザインを提供します。
シューズクローゼットに関するご相談は、「サカエデザイン」にお任せください。

 

→サカエデザインのリフォームについてはこちら

 

#contact見学・お問い合わせ

pagetop