columnお役立ちコラム

中古住宅をリフォームして理想の家を手に入れよう

「新築には手が出ないが、理想の家が欲しい」と考えている方はたくさんいます。
そこでおすすめしたいのが、中古住宅のリフォームです。
中古住宅のリフォームには、新築よりも費用が安く済むなどのメリットがたくさんあります。

デメリットや注意点もありますが、きちんと気を付けていれば回避できるものばかりです。
中古住宅のリフォームが持つ魅力をご紹介します。

中古住宅をリフォームして理想の家を手に入れよう

中古住宅をリフォーム目的で購入するメリット

中古住宅のリフォームには、たくさんのメリットがあります。

中古住宅をリフォームすると得られるメリット
  • 購入費用が安い
  • 流通量が多い
  • 日当たりや間取りを実際に見て決められる


中古物件最大のメリットとして、購入費用の安さがあげられます。
住宅の設備や機能が古くても、リフォーム前提で購入する場合はリフォーム時にまとめて希望の設備に変更できるわけですから、気になりません。
また、新築よりも流通量が多く、常にさまざまな物件が販売されているため、住みたいエリア重視で物件を探すのも可能です。

実際に物件の日当たりや間取りを確認した上で購入を決められるのも、中古住宅ならではのメリットです。

中古住宅をリフォーム目的で購入するデメリット

一方、デメリットもあります。

中古住宅をリフォームする場合のデメリット
  • 構造の見えない部分に劣化が生じている場合がある
  • 物件次第ではリフォームに制限がある・リフォームできない場合がある
  • 瑕疵担保期間が短い


中古住宅の場合、外観や内見では見えない部分に劣化などが生じている場合があるため、物件の隅々まで確認しなくてはいけません。
このほか、建築法では建物を建てるための土地や範囲が定められています。
この条件を満たしていない中古物件もあるため、リフォームができる物件かどうか確認しながら選ばなくてはいけません。

また、中古住宅は購入前に気がつかなかった瑕疵に対する保証期間である、瑕疵担保期間が新築よりも短いです。
万が一の保証をしてもらえる期間が短いのは、頭の痛いデメリットと言えます。

中古住宅をリフォーム目的で購入する際の注意点

中古住宅をリフォームする際のデメリットは、購入時の注意点に気を付ければある程度回避できます。


中古住宅をリフォーム目的で購入する場合の注意点
  • 購入や施工はリフォームに詳しい業者に依頼する
  • 資料だけで物件を判断しない


中古住宅を取り扱う業者の中には、リフォームにあまり詳しくない業者もいます。
中古住宅を購入する場合は、リフォームに強い業者を選び、リフォーム前提で中古住宅を探していることをしっかり伝えてください。

また、中古住宅を購入する際は、面倒でも内見を必ず行ってください。
できることなら、物件選びの時点で中古住宅に強いリフォーム業者に同席してもらいましょう。

中古住宅をリフォームする際の費用相場

中古住宅をリフォームする際のメリット・デメリット・注意点を押さえたところで、実際にリフォームする場合の費用相場を確認してみましょう。

以下の図は、中古住宅をリフォームする際の費用と費用相場をまとめた図です。

リフォームの内容 費用相場
中古住宅のリフォーム費用 100万円~300万円
(戸建て・マンション)
平均金額 約350万円
水回りのリフォームを行った場合  500万円以上

 

手を加える部分が内装のみの場合、300万円台で済ませられますが、水回りにも手を加えると一気に金額が大きくなります。
費用相場でもこれだけの差が開いていることが分かると、物件を購入する時点での見極めが重要であることがよく分かるかと思います。

中古住宅をリフォーム目的で購入する際にチェックすべきポイント

中古住宅のリフォームを成功させるには、購入時からのチェックが重要です。
物件選びの際にチェックすべきポイントをご紹介します。

2000年6月以降に建築確認申請された物件がおすすめ

購入物件を絞り込む目安として「2000年6月以降」に建築確認申請された物件がおすすめです。
2000年6月は木造建築の建築基準法が現行の基準に定められた年で、これ以降に建てられた物件は耐震性が確保されているため、建物を補強する必要がありません。

安全に住むために必要なリフォームが必要ない分、かかる費用を抑えられます。

住宅ローンを組めない物件に注意

住宅ローンにはさまざまな種類があり、中にはリフォームに活用できるものもあります。
しかし、以下の条件にある物件はローンが使えないため注意が必要です。

住宅ローンが組めない物件
  • 再建築不可物件
  • 要セットバック物件
  • 建ぺい率または容積率オーバー物件


どれもリフォームができないか、減築が必要な物件でもあるため、物件選びの際はこれらの条件に当てはまるものは避けましょう。
また、リフォーム前提で中古住宅を購入する場合、別々でローンを組むと管理が大変です。

住宅ローンは中古住宅購入とリフォームにかかった費用をまとめて組めるタイプを選びましょう。
住宅だけでなく、ローンの内容にも注意してください。

物件チェックは見えない部分も忘れずに

デメリットや注意点の所でも少し触れましたが、中古物件は外観がどんなによくても水回りなどの見えない部分に劣化が生じている場合があります。
物件チェックの際は、屋根裏・床下・水回りなどの見えにくい部分のチェックも欠かさず行いましょう。

自分の目だけでは不安な場合は、リフォーム業者の手を借りることも検討してください。

まとめ

中古住宅のリフォームは、物件選びに注意すれば中古住宅とリフォームが持つメリットを両方受けられる方法です。
物件選びの際はプロの目でチェックしてもらうのが一番安全で確実です。

中古住宅のリフォームを成功させるには、リフォームに詳しい業者の手を借りるのが一番です。
「サカエデザインオフィス」では、新築・リフォーム問わず住宅に関する豊富な知識と経験を持ったスタッフが在籍しています。
住宅とそこに住む家族のために、一つひとつ手作りのデザインを手がけています。

中古住宅のリフォームに関するご相談は「サカエデザインオフィス」にお任せください。

→サカエデザインオフィスのリフォームについてはこちら

 

#contact見学・お問い合わせ

pagetop