columnお役立ちコラム

和室を洋室に大変身!部屋の内装を変えるリフォーム方法をご紹介

リフォームでよくあるご相談の中に「和室を洋室に変えたい」があります。
和室を洋室に変えるリフォームは、ライフスタイルの変化や使わない部屋を有効活用するためによく行われます。
リフォームを検討する際、注意点や費用など気になる所がたくさんあると感じた方も多いのではないでしょうか。

そこで、リフォームの際に知っておいて欲しいメリット・注意点・費用・代表的な施工内容をまとめました。

和室を洋室に大変身!部屋の内装を変えるリフォーム方法をご紹介

和室を洋室に変えるメリット

和室を洋室に変えるメリットはたくさんあります。

和室を洋室に変えるメリット
  • 家具を置きやすい
  • 模様替えがしやすい
  • ダニなどの害虫が発生しにくい
  • 掃除やメンテナンスが楽


和室は畳であるため、家具を置いたり移動させたりすると、へこみやすり切れが起きる可能性があります。
しかし洋室ならフローリングであるため、その心配がほとんどありません。

模様替えも洋室の方が簡単なため、ライフスタイルに合わせて部屋を変更できるのは、洋室が持つ大きなメリットです。
リビングなどフローリングの部屋は、畳に比べてダニなどの害虫が発生しにくい上に、発生しても駆除が容易なため、衛生的な管理にも役立ちます。
畳や襖は定期的なはり替えなどのメンテナンスが必要ですが、フローリングやドアは家庭でできる掃除の範囲でメンテナンスが済みます。

和室を洋室に変える際の注意点

和室を洋室に変えるリフォームは、メリットの多さから注目を集めています。
しかし、和室と洋室の違いから注意しなくてはいけない点も多いです。

和室から洋室へ変えるリフォームを行う際には、以下の注意点を意識しましょう。

和室から洋室へ変えるリフォームの注意点
  • 和室と洋室は下地が違う
  • 断熱材の有無や遮音性に注意


和室と洋室は壁や床の下地が違います。

例えば、床の下地を「根太(ねだ)」と呼びますが、この根太の間隔が和室の方が広くとってあるため、リフォームの際は根太の幅を変える施工からはじめなくてはいけません。
また、古い物件で畳の下に断熱材が入っていない場合は床下に断熱材を入れる施工が必要になります。

マンションなど遮音性がある程度求められる物件の場合は、遮音性を高める施工も必要です。
和室から洋室へのリフォームは、内装を変えるだけでなく、下地の時点から施工をしなくてはいけないことを覚えておきましょう。

和室を洋室に変える費用の相場価格

和室を洋室に変えるリフォームには、いろいろな方法があります。
そのため、掛かる費用にもばらつきがあるため、リフォームを依頼する際にはどれ位費用が掛かるのかを把握しておかなくてはなりません。

以下の図は、和室全体を洋室にリフォームする場合の総額と、和室を洋室にリフォームする際良く行われる工事に掛かる費用の相場をまとめた図です。

リフォーム内容
(6~8畳の場合)
費用相場
和室全体を洋室にリフォーム 25万円~100万円
畳をフローリングに変更 6万円~35万円
(クッションフロアに変える場合は8万円~18万円)
壁と天井のリフォーム 10万円~20万円
(同時に床をフローリングにする場合は16万円~35万円)
押入れをクローゼットにリフォーム 8万円~25万円
(ウォークインクローゼットにする場合は~50万円)

 

こちらの価格はあくまでも平均的な費用です。
実際の費用価格は、業者に見積もりを出してもらって確認しましょう。

和室を洋室に変えるリフォームの内容

費用相場の図でも触れましたが、和室を洋室に変えるリフォームは、洋室の内装を作る前に下地を洋室に変える施工を行うなど、手間が掛かります。
費用相場の図で取り上げた施工をもとに、実際のリフォーム内容について解説します。

畳をフローリングにする

和室を洋室に変えるリフォームで一番多い施工です。
注意点の所でも触れましたが、下地から作業を行うため作業内容も多く、施工範囲次第では大規模な工事になる場合もあります。

畳をフローリングにする施工内容
  • 畳用の下地をフローリング向きのものに変える
  • 断熱材を敷きつめる
  • 建具や建材で遮音性を高める
  • フローリングをしく

 

床だけを施工する場合、6畳ほどのスペースなら3~4日の工期で完成できますが、ほかの部分にも手を加える場合、工期が伸びる可能性がある点に注意です。

真壁を大壁にして天井にクロスを張る

和室の壁と洋室の壁は違います。

  壁の種類 壁の特徴
和室 真壁 柱・鴨居・長押しなどが見える。
寿楽壁(じゅらくかべ)のように左官仕上げの壁である場合も多い。
洋室 大壁 柱などが見えない壁。
一般的な住宅の場合、クロスなどを張りつけて仕上げている。

 

和室を洋室にする場合、真壁を大壁に変更する施工を行います。
具体的な施工内容は、以下の作業が主になります。

真壁を大壁にする施工内容
  • 天井・壁・床の継ぎ目に巾木や廻り縁で見た目をきれいにする
  • 壁紙にクロスを張る

マンションの場合、和室でも壁は大壁としてつくられている物件も多く、その場合はこの施工は省かれます。

押入れをクローゼットに変える

押入れは手を加えればクローゼットとして活用可能です。
具体的な施工内容としては、以下の作業を行います。

押入れをクローゼットに変える施工の主な作業内容
  • 押入れの襖を外して引き戸などを付ける
  • 中に仕切り板やハンガーラックを入れる
  • 押入れがあったスペースの周りに断熱材を敷きつめる


押入れのスペースをそのまま使用すればそれほど費用は掛かりませんが、拡張してウォークインクローゼットなどにする場合は、費用が高めになる傾向にあります。

まとめ

和室を洋室に変えるリフォームは、多くの住宅で受け入れられているリフォームでもあります。
しかし、施工には部屋の下地から手を加える必要があるなど、大規模なリフォームになりがちです。
リフォームを依頼する前に、見積もりと予算の確認などの準備をしっかり行っておきましょう。

和室を洋室に変えるリフォームは、多くの住宅で取り入れられているため、さまざまな方法やデザインがあり、住宅やそこに住む家族の数だけ最適なリフォームがあります。

「サカエデザインオフィス」では、住宅とそこに住む家族に合わせたオーダーメイドのリフォームを提案しています。
お客様の相談や要望に対して、前向きな提案を行います。
和室を洋室に変えたいなどのご相談は、「サカエデザインオフィス」へどうぞ。

→サカエデザインオフィスのリフォームについてはこちら

 

#contact見学・お問い合わせ

pagetop