columnお役立ちコラム

ペニンシュランキッチンとは?特徴・価格・メリット・デメリットを解説

キッチンと一口に言っても、さまざまな種類や設備があります。ペニンシュランキッチンもそのひとつです。ペニンシュランキッチンは、家族のコミュニケーションを増やし、おしゃれな空間を演出できるキッチンとして、人気を集めています。ペニンシュランキッチンの特徴・価格相場・メリット・デメリットなどをご紹介します。キッチンリフォームの候補選びにお役立てください。

ペニンシュランキッチンとは

ペニンシュラ型キッチンは対面型キッチンの一種で、キッチンの左右どちらかが壁に接しています。
「ペニンシュラ型」の「ペニンシュラ(peninsula)」とは日本語で「半島」を意味します。
キッチン部分がちょうど半島の様に突き出るようなさまから付けられました。
セミオープン型なため、開放感はある程度維持しつつ、キッチン内が丸見えになりません。

カウンターキッチンとの違い

ペニンシュランキッチンによく似たキッチンに、カウンターキッチンがあります。
カウンターキッチンは名前の通りキッチン前面にカウンターや腰壁が取り付けられています。
ペニンシュランキッチンはカウンターのついているデザインの物もありますが、必ずついている訳ではありません。
また、カウンターが付いている場合、カウンターの奥行きが広いため、カウンターキッチンとしても活用できるほか、ダイニング側に収納を付けるなど欲しい機能に応じてデザインが変更できます。

ペニンシュランキッチンの価格相場

キッチンをペニンシュランキッチンにリフォームする場合、元のキッチンの形により価格が違います。
キッチンごとの変更費用をまとめると、以下の様になります。

キッチンのリフォーム内容 リフォーム費用
壁付けタイプ→対面式に変更  55~200万円
(100万前後はかかる)
壁付けタイプ→壁付けタイプにリフォーム  50~150万円
(キッチンの位置を変えず、似た型に変更する場合は100万未満で収まるケースが多い)
壁付けI型キッチン→対面式ペニンシュラ型キッチンに変更  60~200万円


こちらでご紹介した価格は、あくまでも目安です。
キッチンの機能を追加・向上させる場合や、キッチン設備以外の部分にも手を入れる場合、これよりも高い費用が必要になります。
実際の価格は施工を依頼する業者に見積もりを出してもらって確認しましょう。

ペニンシュランキッチンのメリット・デメリット

対面式キッチンの中でも人気の高いペニンシュランキッチンですが、メリットとデメリットがあります。
リフォームの際はこのメリットとデメリットを理解した上で設置を考慮しなくてはいけません。
ペニンシュランキッチンが持つメリットとデメリットを解説します。

ペニンシュランキッチンのメリット

ペニンシュランキッチンには多くのメリットがあります。

ペニンシュランキッチンのメリット
  • 解放感のあるデザイン
  • コミュニケーションが取りやすい
  • 間取りやスペースの自由度が高い

ペニンシュランキッチン最大のメリットは、開放感のあるデザインです。
キッチンとリビングが一体化しているため、コミュニケーションも取りやすくなります。
広々とした空間で、料理や食事を楽しみながら団らんできるのは、ペニンシュランキッチンならではのメリットです。
ペニンシュランキッチンのメリットは、デザイン性だけではありません。
ペニンシュランキッチンはキッチンの片方を壁付けするデザインなため、限られたスペースでも設置できます。

ほかの対面型キッチンが設置できない場合でも、ペニンシュランキッチンなら設置できる場合があるのは、見逃せないメリットです。

ペニンシュランキッチンのデメリット

デザイン・機能ともに優れたメリットがあるペニンシュランキッチンですが、デメリットもあります。

ペニンシュランキッチンのデメリット
  • 油はねやにおいが気になりやすい
  • キッチンの中が見えやすい
  • 収納スペースに工夫が必要

開放型キッチンにつきもののデメリットとして、キッチンで発生した油やにおいがリビングまで届いてしまうというものがあります。
これは、ペニンシュランキッチンでも例外ではありません。
また、開放型キッチンはキッチンの中が良く見えるため、きれいに見せるには定期的な掃除や整理整頓が必要になります。

メンテナンスにあまり時間をかけられない場合、開放感のあるデザインもデメリットとなります。
ペニンシュランキッチンの開放感を優先したデザインにする場合、吊戸棚などの収納を設置しない場合がありますが、これにより収納スペースが減ってしまうのも、気になるデメリットです。

デメリットを軽減する選び方

ペニンシュランキッチンのデメリットは、メリットと鏡合わせの関係です。
デメリットを軽減し、メリットを活かすにはキッチン設備を選ぶ時点から気を付ける必要があります。

デメリット デメリットの対策
油はねやにおいがリビングに届く 壁やオイルガードを設置して、油やにおいが届かないようにする
こまめな掃除の必要性  汚れにくい・汚れが落としやすい機能が付いたキッチン設備を選ぶ
収納スペース不足 背面収納や収納機能に優れたキッチン設備を選ぶ

 

ペニンシュランキッチンは、たくさんの種類が販売されています。
その中には、ペニンシュランキッチンのデメリットを軽減する機能が搭載されたものもあります。
デメリットが気になる場合は、デメリットを軽減する機能があるかどうかで設備を選びましょう。

また、キッチン自体に収納が付いていなくても、背面収納などを活用すれば、収納の多い、整理整頓しやすいキッチンができます。
ペニンシュランキッチンを設置する際は、キッチンの設置場所だけでなく、その周囲にも注目しましょう。

 

まとめ

ペニンシュランキッチンは開放感と機能性に優れたキッチンです。
デメリットもありますが、工夫をすればデメリットの影響を軽減できます。

「サカエデザインオフィス」では、ペニンシュランキッチンの設置・リフォームを行っています。
住宅とそこに住む家族に合わせたキッチンを、一から設計・施工します。
ペニンシュランキッチンの設置を検討されている方は、ぜひ「サカエデザインオフィス」へご相談ください。

→サカエデザインオフィスのリフォームはこちら

#contact見学・お問い合わせ

pagetop