columnお役立ちコラム

寒いお風呂場を暖かく!浴室のリフォーム方法3選

寒い季節になりました。
この季節、お風呂場が冷えていると入るのも億劫になってしまいます。
そんな時浴室のリフォームを考えている方も多いかと思います。
そこで今回は、浴室を暖かく保つ主なリフォーム方法を3つご紹介していきたいと思います!
温度差によるヒートショックなども懸念されており、まだリフォームを考えてない方にも一度見直していただきたい情報となっております。

‐‐‐

浴室を暖かくするリフォーム方法3選

1.ユニットバスにリフォームする
現在の浴室が古いタイプの浴室であったり在来浴室の場合は、思い切ってユニットバスへのリフォームをおすすめします。
ユニットバスは冬場の入浴にも安心できるつくりになっています。

建物と浴室の間が断熱層になるため、外気の影響を受けにくく保温性が高いのがこのリフォームの特徴です。
また滑りずらい仕様になっていたり、お手入れがしやすかったり、さらには工期も短めなので、人気もありオススメの工事です。
最近では技術の目覚ましい進化によって、より保温性の高い浴槽なども増えており、古いタイプのユニットバスから最新のユニットバスにつくりかえるといった選択肢も増えています。


2.浴室暖房を取り付ける
脱衣所やお風呂場に、床暖房や暖房機の設置もオススメです。

最近の製品は温度アップのスピードも早いためヒートショック対策にも効果抜群です。
また、ほとんどの場合後付けが可能なため導入のしやすさも魅力的です。
乾燥器と一体になっている商品もあるので室内干しにも使用でき、利便性が非常に高い選択肢といえます。

3.窓を変更する
室内の外気のほとんどは窓から出入りします。

なので浴室に窓がある場合は、二重窓などの断熱性の高いものに変更することが非常に有効な手段となります。
最近では既存の窓に後から取り付けできる窓なども多くあり、気軽に取り付けできる点も魅力的です。
技術の進化により窓にも様々な製品があるので、希望に沿った製品を扱っている業者に依頼することがオススメです!


その他の浴室を暖かく保つアイデア

  • 断熱工事をする
    外からの冷気を入れず、暖かい空気を逃さないという断熱効果を高める断熱材を壁との間に加えることも効果的です。

    しかしこの場合、浴室の天井・床下・壁に断熱材を入れないと大きな効果を実感しずらいため、大掛かりな工事が必要となります。
    信頼のおける業者に相談することをオススメします。
    株式会社サカエデザインの断熱工事

 

  • カーテンレールを取り付ける
    大掛かりなリフォームに踏み切れない場合、窓や入口にカーテンを取り付けるといった対処法も人気なようです。


その他にも、

  • 脱衣所の壁や床の材質を変更する
  • 脱衣所に簡易的な暖房器具を置く
  • マットを敷き詰める

などの様々なアイデアがあります。

‐‐‐‐

サカエデザインでは、浴室やトイレのリフォームも随時承っております。
製品知識が豊富な建築士と相談しながらリフォームを行うため、ご希望に沿ったご提案をすることができます。
「こんな製品を取り付けたい」などのご希望がございましたら、お気軽にご相談ください。
また、断熱工事などの大掛かりな工事のご相談も承っております。
ぜひ安心してお問い合わせください。



サカエデザインの水回りリフォーム

サカエデザインへのお問い合わせ

 

株式会社サカエデザイン
■TEL 044-982-9612

■instagram
instagram.com/sakaedesignpr/



#contact見学・お問い合わせ

pagetop