columnお役立ちコラム

雪下ろしの負担を軽減!克雪住宅とは

雪と生活する大変さを少しでも軽減したい

サカエデザインのある関東でも先日雪が降り、珍しく積雪しました。
北海道や東北地方、日本海側の地域では今もかなりの積雪があるようです。
個人的に東北地方での生活経験がありますので、雪の大変さは少なからず理解しています。
雪下ろし、雪かき、凍結や吹雪の中の通勤通学…本当に大変ですよね。

特に雪下ろしは、毎年、けが人や亡くなる方もいる非常に危険な作業です。
少子高齢化や人口減少を背景に、地域によっては高齢者がその作業をしなくてはならない状況も多いようです。
豪雪地域に離れて暮らす親御さんやご親族を心配している方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな雪下ろしの危険や負担を軽減できる、克雪住宅についてご紹介いたします。

克雪住宅とは?

克雪住宅、初めて聞いた方も多いかと思います。
まず初めに、克雪住宅とはどのようなものでしょう。

克雪住宅とは、
雪下ろしを不要とする、または安全に雪下ろしができる住宅です。

その整備にかかる費用については県市町村による支援制度が設けられている場合があります。

【克雪住宅の種類】
落雪型(高床落雪式)
屋根の雪を人力によらず落雪させる屋根構造を有し、敷地内で雪処理できるもの。
落雪により地上階の生活に支障をきたすため、基礎を高くする。

耐雪式
構造を強くし、積雪に耐えうるもの。
構造計算等により、所定の積雪量に耐えうる強度の構造にした住宅。

融雪式
熱エネルギーの利用により屋根雪を溶かす設備を有するもの。
融雪方法、熱源、範囲などでいくつかの種類がある。

それぞれの注意点としては、
①落雪式…落雪スペースが必要であることから、敷地に余裕が必要。
②耐雪式…鉄筋コンクリート造、木造骨組強化などの建設費用が増大する。
③融雪式…融雪装置の設置費用、電熱費などのランニングコストがかかる。
などがあります。
しかし、これらの注意点やデメリットを考えても、危険な雪下ろしの負担を軽減できることは、長い目でみてプラスになるのではないでしょうか。



雪下ろし作業に関して、自分は慣れているから大丈夫、と考えている方も多いかと思います。
しかし毎年何人もの方が雪下ろし中の事故で亡くなっています。

まずは共助から、除排雪ボランティアや地域の助け合いで事故を減らしていくことが大切ですが、世帯減少などによりなかなか難しい地域もあるのが現状です。

また、冬の間だけのことだと考えて雪対策が後回しになってはいませんか?
これを機に、来年の冬を今年より安全快適に過ごすため、ぜひ今から【克雪住宅】について考えていただければと思います。

 

 

その他、冬の安心・快適のために…

  • 冬のヒートショックを防ごう!お風呂のリフォームについてはこちら
  • 冬でも安心快適なトイレリフォームについてはこちら
  • すきま風に困ったら…冷気対策、二重窓や内窓リフォームについてはこちら

 

その他、住まいの困りごとはサカエデザイン

#contact見学・お問い合わせ

pagetop